2月7日(日)甲野陽紀先生の浜松講習会(2021年前期)

2月7日(日)甲野陽紀先生の浜松講習会(2021年前期)*終了いたしました。

甲野陽紀写真甲野陽紀先生の浜松講習会を2月7日(日)に開催いたします。

午前の部 甲野陽紀の身体で学ぶワークショップ
10:00ー12:00*定員に達したためキャンセル待ち受付中です
午後の部◆ 甲野陽紀研究講座
13:30ー15:30*残席わずかです

<甲野陽紀先生よりメッセージ>
新型コロナの影響は長期戦が続き、心と身体に余裕を持ちづらい時期が続いているように思います。

このような時期だからこそ、逆手にとって心身のあり方を見直す良い機会としてあらためて日々の生活を見直してみてもいいのではないかと思います。

感染予防として気をつけることは押さえつつ、身体から本来の自分の感覚を再確認する機会になればと思います。

2021年前期の浜松では、2講座に分けてそれぞれの定員を少なくして行います。

前半は、日常にすぐに活かせる身体の動きを紹介するワークショップ。
後半は、私が研究を進めている最新の内容を紹介する研究講座です。

浜松講習会では身体の変化を感じ取るために相手と触れ合うことがあります。
身体を通して体感するためには必要なことのため、ご参加される方はご理解の上お越しください。

常連の方にはまた新しい視点をもっていただく機会として、初めての方には身体の不思議さや面白さを感じていただくきっかけとしてご参加いただけたらと思います。

講習のはじまりにはテーマに合わせた基本的な話をしてから進めますので、どなたでも無理なくご参加いただけます。


午前の部◆10:00ー12:00
<<甲野陽紀の身体で学ぶワークショップ>>
【日常生活を快適にするための身体への任せ方 〜肩と腰から身体の関係性をみる〜 】

寒い時期になると身体の動きも鈍くなってくるところがあります。

本来であれば身体の動きやすいところまで活かしきれていればいいのですが、動きやすいところとはそもそもどこまでなのでしょうか。

思いっきり動かしているつもりでも実はもっと動かすことができたり、その反対に動かしすぎて痛めてしまっていることもあるかもしれません。

身体にとってちょうどいいところとはどこなのか。ひとつの注意を絞ることで見えてくる身体の動きやすさの違いを体感していきます。

また、腰痛や肩こりといった大きな関節部位のお悩みもあったりしますが、そうしたことも注意の向けどころを変えてみることで動きやすさがでてきます。

自粛生活のなかでも一人でできる運動もご紹介しますので、ご関心ある方はぜひこの機会にお越しください。皆さまのご参加をお待ちしております。

午後の部◆ 13:30ー15:30
<<甲野陽紀研究講座>>
【同調効果がもたらす作用を身体で掴む】

2020年前期の研究講座は、人と人の同調効果をテーマにして進めます。

「もらい泣き」がわかりやすい同調効果のひとつではありますが、自分の身体がふだん何気ないところから周囲に影響を受けていることや、逆に影響を与えていることを動作を通して体感していきます。

日常の動きをモチーフに進めていきますので、楽しく身体の変化を体感できるようになっています。

いまの社会状況だからこそ、知っておくと役に立つこともたくさんあると思いますので、ご関心もたれた方はお早めにお申し込みください。

ご参加いただいた皆さまの流れをみて、ご質問を受ける時間もつくりながらより良い展開にしていきたいと思っています。

研究講座とはなっていますが、どなたでもわかりやすい内容になっていますので、初めての方でもお気軽にご参加いただけます。

【参加費】
午前の部 4,000円
午後の部 4,000円
*午前・午後と受講される方は500円割引

【定員】各部15名程度

【場所】浜松福祉交流センター 和室
静岡県 浜松市中区成子町140−8(浜松駅より徒歩7分、駐車場あり)
*場所はお借りするだけですので、直接のお問い合せはご遠慮ください。

*激しい動きはありませんが、動き易い格好でおいでください。
*武術やスポーツなど経験がなくても大丈夫です。
*定員がある講座ですので、定員に達しましたらキャンセル待ち受付とさせていただきます。
*新型コロナウイルス対応として、手の消毒・会場の換気を行います。詳しい対応についてはお申込みの際にお伝えさせていただきます。

甲野 陽紀 東京都生まれ
高校卒業後、父・甲野善紀の武術指導のアシスタントとして、国内外における各地の講座・講習会に同行。父と共同あるいは単独で有効な身体操作法を案出する。
2007年より単独での講師として各地に招かれ、武術を基盤としながらも独自の視点による身体技法を展開する。日常動作、スポーツ、介護、楽器奏法など幅広いジャンルとのつながりを通して、人の身体の持つ不思議さ・面白さに興味を持ち、武術だけにとどまらない身体感覚について日々探求している。

朝日カルチャーセンター新宿・湘南・横浜・千葉、よみうりカルチャー自由が丘、塩尻市民カルチャーなどのカルチャーセンターで講師を務めながら、 東京都内でも定期的な講座を開いている。
その他にも全国各地の団体などからの依頼による講習会や研修会の講師も務め、そのジャンルは多岐におよぶ。教育(東京医科歯科大学、防衛大学校、都立新宿山吹高校ほか)、スポーツ(長野体育センター、三洋電機ラグビーチームほか)、介護(国立リハビリセンター、千葉大学医学部、全国肢体不自由特別支援学校PTA連合会ほか)その他(中央労働災害防止協会、広島県福山市)など。

著書『身体は「わたし」を映す間鏡である』(2018 和器出版)
共著『驚くほど日常生活を楽にする 武術&身体術「カラダの技」の活かし方』(2014山と渓谷社)
共著『不思議なほど日常生活が楽になる 身体の使い方』(2016 山と渓谷社)
間鏡 Print

 

 

 

 

 

お名前 (必須)

ふりがな (必須)

メールアドレス (必須)

メールアドレス 再確認用(必須)

ご住所 (必須)
 

電話番号 (必須)すぐに連絡ができるもの
 

性別 (必須)

参加講座 (必須)
 午前の部(キャンセル待ち受付中) 午後の部

ご質問・ご職業・講座を知ったきっかけ・メッセージなどございましたら、こちらにご記入ください。

 確認画面は表示されません。上記内容にて送信しますので、よろしければチェックを入れてください。


*お申し込みへのご返信は基本3日以内にさせていただいております。時たま返信が届いていなかったり、パソコンからのメール受信の制限をかけられておられて送信できない場合があります。
2日以上経って返信が届いていないという方がいらっしゃいましたら、今一度受信設定を確認・変更してお申し込みいただくか、ototerukikaku@gmail.comまで直接お名前とご用件をご記入の上ご連絡ください。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*