甲野陽紀 第ニ回浜松講座

 

甲野陽紀写真

大盛況にて終了いたしました。ご参加いただいた皆様ありがとうございました!

甲野陽紀先生の第2回浜松講座

7月29日(土)「動いて学ぶ本来の自分」

 

 

昨年8月末に大好評の甲野陽記先生の講座の第2回目がこのたび浜松にて開催されることになりました。

自分の身体のことは知っているようで知らない玉手箱のようです。そんな誰もがもつ身体の不思議さや面白さを、分かりやすくそして丁寧に、実際に体感して発見していただける陽紀先生の講座は、年齢や経験に関係なく誰もが楽しめる講座です。初めての方もご参加いただけます。

☆陽紀先生からのメッセージ
およそ1年ぶりに浜松での講座開催が決まりました。
私はふだんから日常動作をもとに身体の研究をしています。
この1年の間にもいろいろと研究は進んできました。
今回の浜松では2時間講座1コマとなりますので、その中にギュッとこれまでのエッセンスを凝縮しようと思います。
身体が本来持っている面白さや不思議さを今回も是非体験してみてください。
身体を動かすのはちょっと億劫な方でも楽しんでいただける内容です。
参加する際に必要な資格や経験値などはありません。
どなたでもどうぞお越し下さい。
多くの方のご参加をお待ちしております。 甲野陽紀

甲野陽紀プロフィール

高校卒業後、父・甲野善紀の武術指導のアシスタントとして、国内外における各地の講座・講習会に同行。父と共同あるいは単独で有効な身体操作法を案 出する。2007年より単独での講師として各地に招かれ、武術を基盤としながらも独自の視点による身体技法を展開する。日常動作、スポーツ、介護、楽器奏 法など幅広いジャンルとのつながりを通して、人の身体の持つ不思議さ・面白さに興味を持ち、武術だけにとどまらない身体感覚について日々探求している。

朝日カルチャーセンター新宿・湘南・千葉、よみうりカルチャー自由が丘、ヨークカルチャーセンタ長野などのカルチャーセンターで講師を務めながら、 東京都内でも多摩市・文京区・江戸川区などでも定期的な講座を開いている。その他にも全国各地の団体などからの依頼による講習会や研修会の講師も務め、そのジャンルは多岐におよぶ。教育(東京医科歯科大学、防衛大学校、横須賀市立望洋小学校ほか)、スポーツ(長野体育センター、三洋電機ラグビーチームほ か)、介護(国立リハビリセンターほか)など。「脳活体育」(スキージャーナル社)中央労働災害防止協会の季刊誌オアシスでの執筆も担当。

著書『苦手な体育がおもしろくなる 甲野式からだの使い方』(双葉社)
共著『驚くほど日常生活が楽になる 武術&身体術「カラダの技」の活かし方』(2014山と渓谷社)
共著『不思議なほど日常生活が楽になる 身体の使い方』(2016 山と渓谷社)

山渓谷1山渓谷2

 

甲野陽紀オフィシャルHP

http://hkhp.p2.bindsite.jp/

 

 

 

 

■日時 7月29日(土)9:45〜11:45
■参加費 4000円 (当日会場にてお支払いください)
■会場 浜松市福祉交流センター 4階  浜松駅より徒歩10分 駐車場有り(200円)
!!!お借りするだけですので、直接のお問い合わせはご遠慮ください!!!

 

 

お名前 (必須)

ふりがな (必須)

メールアドレス (必須)

メールアドレス 再確認用(必須)

ご住所 (必須)

電話番号 (必須)
 

性別

お問い合わせ・メッセージなどありましたらご記入ください。

 確認画面は表示されません。上記内容にて送信しますので、よろしければチェックを入れてください。

第2回守伸二郎先生の和稽古in浜松

〜楽しく無事終了しました〜

和の身体感覚を呼び戻せ

7月15日(土) 第2回 守伸二郎先生の「和稽古」in 浜松

《テーマ》着物は肚と腰で着る

~思いだそう。日本人としての経験の記憶~

<守先生からのメッセージ>
『明治より前の日本人には上半身、下半身という概念は無く、胴があるのみでした。その胴の中に肚と腰があったのです。巻き付けて着る着物を一 番効果的に押さえる事が出来た位置は重心、もしくは中心と呼ばれる下丹田で締めた帯でした。着物を肚(腰)で着るとはどういうことか。それによってどう いった変化が起きるのか、日本人としての経験記憶が呼び起こされる経験をぜひご体験下さい。』

 

2017 年3月にオトテル企画に初登場した守先生の和稽古第2弾! 韓氏意拳の教練でもあり、呉服屋の4代目でもあり、甲野善紀先生から「大変なアイデアマン!どちらが教えてもらっているか分か らない!」と言わしめる守伸二郎先生の和稽古第1弾は、幅広い知識に爆笑漫談トークと会場が笑いと活気に満ちた講座となりました。今回は前回でも取り上げた着物を、実際に着ることで私たちの身体に潜んでいる和の身体を体感していただきます。

初めての方はもちろん、性別、年齢、経験に関係なくご参加いただけます!

 

*持ち物:簡単に着物を着て帯を締めてもらって動くことを皆さんに体験していただこうと思っていますので、対丈の浴衣もしくは寝間着など、角帯、しっかりした伊達締め、腰紐などをお持ちいただけるようお願いいたします。女性はお端折りの無い着丈寸法のものが簡単で良いです(一番良いのはガーゼの寝間着です)。お持ちでない方にはこちらでご用意しますが、数に限りがありますので、お持ちの方はどうぞお持ちいただけますようお願いいたします。ご不明な点があればinfo@ototeru.comまでメールにておたずねください。

 

守 伸二郎 香川県生まれ。守さん
1991年武術研究者甲野善紀氏と出逢い松聲館に入門、十数年師事する。
甲野氏の術理を研究するため「香川稽古研究会」を有志と設立。2003年より韓氏意拳に出逢い、2005年4月に韓競辰に拝師。
呉服屋四代目として家業を営みながら、日本韓氏意拳学会の公認分館における指導活動やカルチャーセンター等で古武術からの身体運用講座などの講師を務める。
また、武術家の甲野善紀氏、思想家の内田樹氏、独立研究者森田真生氏、古代技術・民族楽器研究者関根秀樹氏、バランストレーナー小関勲氏、行動分析学や思 考場療法などの心理学、アプライドキネシオロジーやマフェトン理論など各方面のスペシャリストを招き香川で講演会などを企画しているイベンターでもある。

 

■日時 7月15日(土)19:20〜21:20
■受講費 3000円 (当日会場にてお支払いください)
■会場 浜松市福祉交流センター 4階  浜松駅より徒歩10分 駐車場有り(200円)
!!お借りするだけですので、直接のお問い合わせはご遠慮ください!!!

少人数の講座ですので、ご希望の方はお早めにお申し込みください。

お名前 (必須)

ふりがな (必須)

メールアドレス (必須)

メールアドレス 再確認用(必須)

ご住所 (必須)

電話番号 (必須)
 

性別

お問い合わせ・メッセージなどありましたらご記入ください。

 確認画面は表示されません。上記内容にて送信しますので、よろしければチェックを入れてください。

 

7月の2講座のご案内

このたびオトテル企画では7月に大好評2講座を開催することになりました。

 

7月15日(土)19時20分〜21時20分

守伸二郎先生の「和稽古」第2弾

《テーマ》着物から日本人の身体が見えてくる

詳細・お申し込みはこちらより

 

7月29日(土)9時45分〜11時45分

甲野陽紀先生の第2回浜松講座

《テーマ》「動いて学ぶ本来の自分」

詳細・お申し込みはこちらより

 

今年3月に初めて開催された四国香川の守伸二郎先生の「和稽古」の第2弾が開催されます。今回は実際に着物を着て体感していただく講座です。

昨年平日の開催ながら大好評だった甲野陽紀先生の講座がほぼ1年ぶりに開催されます。身体が本来持っている面白さや不思議さをどんな方でも体験出来る楽しい講座です。

 

どちらの講座も初めての方でもご参加出来ます。またどんな経験も資格も必要ありません。

皆様のご参加をお待ちしております。