6月23日(土)甲野陽紀先生の浜松講座2018

*終了いたしました
2016、2017年と大好評だった甲野陽紀先生の講座を今年も開催することになりました!

陽紀先生の分かりやすく丁寧な指導のもと、誰もが持つ身体の不思議さや面白さを実際に体験して発見していただきます。日々の生活、様々なお仕事や趣味etc.に役たつヒントが満載です。年齢や経験に関係なく誰もが楽しめる講座ですので、1年に1回のこの機会に是非ご参加ください。

 

■<一部> 13:30〜15:00 (受付13:15〜)

【テーマ】動いて学ぶ身体の可能性

【講座内容】末端から動く/言葉と身体/肘と膝の効用 ほか

【定員】12名  !追加2名募集(初めての方で一部、二部と通して受講可能な方)

【参加費】3,500円

【参加対象】 初めての方、これまで陽紀先生の講座にご参加いただいたリピーターの方
(*浜松以外の場所で受講された方も受講可能です。申込時に受講場所をご記入ください。)

 

■<二部> 15:30〜17:30 (受付15:10〜)

【テーマ】間を捉えて動く

【講座内容】共通項に注意を向ける/言いきることの大切さ ほか

【定員】20名 *残席わずかです(6/13)

【参加費】4、000円 *一部、二部合わせてご参加の方は500円割引

【参加対象】一部に参加された方、これまで陽紀先生の講座にご参加いただいたリピーターの方
(*浜松以外の場所で受講された方も受講可能です。申込時に受講場所をご記入ください。)

■<おさらい Q&Aタイム>17:30〜18:00 当日講座を受けた方はどなたでも参加できます

 

【場所】浜松福祉交流センター  3階和室
静岡県 浜松市中区成子町140−8(浜松駅より徒歩5分)
*場所はお借りするだけですので、直接のお問い合せはご遠慮ください。

 

<陽紀先生からのメッセージ>

今回の浜松では二コマの開催です。

一部は初めての方でも無理なく楽しくご参加いただけるように、私の捉えている身体の視点について動きを通して体験していきます。

今までの講座でもお話したこともありますが、新しいことも紹介しますので、リピーターの方もぜひご参加ください。

二部ではテーマをひとつに絞って集中して進めます。

テーマは「間」を取り上げます。

間は注意を向けるところで身体が変わるということを体験する内容ですが、さらに研究が進んだ最新の内容になります。

間の応用の幅は動作だけでなく様々な人間関係において、身体の動きやすさ(その場での居やすさ)が変わってくることを体験していきます。
いずれの講座も当たり前にしている日常動作をモチーフにして紹介をしていきますが、当たり前な動作もあらためてやってみると、新しい動作として自分の中で蘇ります。

ぜひ多くの方にご参加いただいて、身体の持っている豊かな可能性を感じていただけたら幸いです。
講座には年齢や運動経験などは一切関係なく、どなたでもご参加いただけますのでどうぞみなさまお越しください。

甲野陽紀

 

甲野 陽紀 東京都生まれ

高校卒業後、父・甲野善紀の武術指導のアシスタントとして、国内外における各地の講座・講習会に同行。父と共同あるいは単独で有効な身体操作法を案 出する。2007年より単独での講師として各地に招かれ、武術を基盤としながらも独自の視点による身体技法を展開する。日常動作、スポーツ、介護、楽器奏 法など幅広いジャンルとのつながりを通して、人の身体の持つ不思議さ・面白さに興味を持ち、武術だけにとどまらない身体感覚について日々探求している。

朝日カルチャーセンター新宿・湘南・千葉、よみうりカルチャー自由が丘、ヨークカルチャーセンタ長野などのカルチャーセンターで講師を務めながら、 東京都内でも多摩市・文京区・江戸川区などでも定期的な講座を開いている。その他にも全国各地の団体などからの依頼による講習会や研修会の講師も務め、そのジャンルは多岐におよぶ。教育(東京医科歯科大学、防衛大学校、横須賀市立望洋小学校ほか)、スポーツ(長野体育センター、三洋電機ラグビーチームほ か)、介護(国立リハビリセンターほか)など。「脳活体育」(スキージャーナル社)中央労働災害防止協会の季刊誌オアシスでの執筆も担当。

著書『苦手な体育がおもしろくなる 甲野式からだの使い方』(双葉社)
共著『驚くほど日常生活が楽になる 武術&身体術「カラダの技」の活かし方』(2014山と渓谷社)
共著『不思議なほど日常生活が楽になる 身体の使い方』(2016 山と渓谷社)

Print

5月19日(土)守伸二郎先生の『和稽古』 for なでしこ

 

守伸二郎先生の和稽古 for なでしこ *終了いたしました
女性限定の講座です

《テーマ》
「和の立ち居振る舞いと動きから学ぶ大和なでしこの身体観」

2017年より4回にわたって開催中の守伸二郎先生の和の身体を探る「和稽古」講座。
『着物から日本人の身体が見えてくる』をテーマに日本人の文化的身体を見直すことから始まり、和の身体ならではの身体の整え方、見方を守先生の楽しい話術とともに体験してまいりました。毎回先生の爆笑漫談トークに参加者がシワが増えるほど笑って身体を動かす楽しい講座は他にはなかなかありません。
今回は武術、着物&茶道マスターでもある守先生から”和の所作”に注目して女子の皆さんで楽しく学んでいきたいと思います。
年齢関わらず、経験問わずの楽しい講座です。夏に向けて一緒に女子力アップしてみませんか?

少人数講座ですのでお申込みはお早めに!

 

<守先生からのメッセージ>
5月に女性限定の和稽古をと言うありがたいお声を掛けていただきましたので、今回は武術だけなく、着物の所作や茶道の立ち居振る舞いから日本人の身体観を共に学んで行きましょう!
目指せ!大和撫子(^-^)v〜

 

■日時 5月19日(土)19:15〜21:15
■受講費 3000円 (当日会場にてお支払いください)
■会場 浜松市福祉交流センター 3階  浜松駅より徒歩10分 駐車場有り(200円)
!!!お借りするだけですので、直接のお問い合わせはご遠慮ください!!!

 

守 伸二郎 香川県生まれ。守さん
1991年武術研究者甲野善紀氏と出逢い松聲館に入門、十数年師事する。
甲野氏の術理を研究するため「香川稽古研究会」を有志と設立。2003年より韓氏意拳に出逢い、2005年4月に韓競辰に拝師。
呉服屋四代目として家業を営みながら、日本韓氏意拳学会の公認分館における指導活動やカルチャーセンター等で古武術からの身体運用講座などの講師を務める。また、武術家の甲野善紀氏、思想家の内田樹氏、独立研究者森田真生氏、古代技術・民族楽器研究者関根秀樹氏、バランストレーナー小関勲氏、行動分析学や思 考場療法などの心理学、アプライドキネシオロジーやマフェトン理論など各方面のスペシャリストを招き香川で講演会などを企画しているイベンターでもある。